E2EE 機能

概要

E2EE とは End-to-End Encryption の略で、WebRTC SFU 側に送られる音声や映像が、 WebRTC SFU が知らない暗号鍵を利用して暗号化された状態で送られる仕組みです。

そのため WebRTC SFU 側では音声や映像を解析することが困難になります。

対応状況

現時点では Sora JavaScript SDK が E2EE に対応しています。

iOS / Android / Unity SDK は非対応です。

現時点での実装

  • 事前に master secret の共有が必要になります

  • フレームへの暗号化部分が独自プロトコルです

  • 鍵合意プロトコルの仕組みが入っていません

  • 参加/離脱のタイミングで鍵が変更されません

  • 大規模接続を想定していません

今後の実装

2020 年内に共通鍵の事前共有が不要になる仕組みに切り替わります

Sora E2EE 実装の詳細

別途ドキュメントにまとめています。

Sora E2EE ドキュメント

サポート

E2EE は Sora の機能ではなく、Sora SDK 側の機能です。 そのため E2EE についての関してはサポートは提供していません。

Discord

https://discord.gg/EbbB59s

Discord にてコミュニティを運営しています。 なにか質問したい場合は Discord サーバへ参加してください。