ライセンス

Sora はライセンスファイルを読み込ませることで起動します。

ライセンスファイルのパス設定と配置

ライセンスファイルのパスは sora.conflicense_file で設定できます。 Sora を起動する前に設定し、ライセンスファイルを配置してください。 デフォルト設定のまま使う場合は、ライセンスファイルを sora ディレクトリ以下の etc/license.json にコピーしてください。

$ cp 123ABC-SRA-E001-20180101-100.json sora/etc/license.json

ライセンスの更新

ライセンスを更新する場合は sora.conflicense_file で指定しているファイルを cp コマンドで上書きしてください。 デフォルト設定では sora ディレクトリ以下にある etc/license.json です。

$ cp 123ABC-SRA-E002-20190101-100.json sora/etc/license.json

その後、ライセンス更新 API である UpdateLicense API を実行すると、更新されます。 Sora の再起動は不要です。

$ http POST 192.0.2.1:3000/ x-sora-target:Sora_20171218.UpdateLicense -vvv

接続数制限

Sora はライセンスファイルを組み込むことで起動するようになります。 ライセンスファイルには最大接続数が定義してあり、その最大接続数を超えて接続することはできません。

また接続ができなかったクライアントには EXCEED-MAX-CONNECTIONS というエラーが通知されます。

ライセンス期限が過ぎている場合

既存の接続は継続されますが、新規接続ができなくなります。 EXPIRED-LICENSE というエラーがログに記録されます。

ライセンスファイルのパスの更新

ライセンスファイルのパスの更新は、一度 Sora を停止し、 sora.conflicense_file のパスを変更して Sora を起動する必要があります。