Lyra コーデック機能

注意

この機能を利用する場合は事前にサポートまでご連絡ください

警告

この機能は 実験的機能 のため、正式版では仕様が変更される可能性があります

概要

Google が公開している超低ビットレートで利用可能な音声コーデック Lyra を利用可能にする機能です。

Lyra についての詳細は Google の記事をご確認ください。

Lyra V2 - a better, faster, and more versatile speech codec | Google Open Source Blog

機能

  • 音声コーデックに Opus とは別に Lyra を指定することが可能になります

  • ビットレートも 3200 / 6000 / 9200 bps の 3 種類が指定できます

対応ブラウザ

WebAssembly 化した LyraWebRTC Encoded Transform API を利用することで、 Chrome / Edge / Safari で利用できます。Firefox には対応していません。

対応 SDK

  • JavaScript SDK

  • C++ SDK

独自対応

Lyra 用の SDP は独自機能です。

a=rtpmap:109 lyra/16000/1
a=fmtp:109 version=1.3.0;bitrate=6000;usedtx=1
  • version
    • Lyra のバージョンが入ってきます

    • SDK が対応している Lyra と受信した sdp の Lyra のバージョンが異なる場合 SDK 側でエラーを出力する場合があります

  • bitrate
    • 3200 / 6000 / 9200 のどれかが入ってきます

  • usedtx
    • DTX を利用するかどうかです

    • 利用する場合は 1 、利用しない場合は 0 が入ってきます

    • Lyra はデフォルトで DTX を利用します

© Copyright 2024, Shiguredo Inc Created using Sphinx 7.2.6