センシティブデータ

注意

この機能を利用する場合は事前にサポートまでご連絡ください

警告

この機能は 実験的機能 のため、正式版では仕様が変更される可能性があります

概要

Sora ではログと API で出力されるセンシティブデータを "REDACTED" という文字列に書き換えます。

対象ログと項目

Sora のログは以下の内容のセンシティブデータを "REDACTED" に書き換えて出力します。

  • auth_webhook.jsonlevent_metadata"REDACTED" に書き換えて出力します。

  • session_webhook.jsonlsession_metadataevent_metadata"REDACTED" に書き換えて出力します。

  • event_webhook.jsonlevent_metadata"REDACTED" に書き換えて出力します。

event_webhook_error ログ

重要

event_webhook_error.jsonlevent_metadata については "REDACTED" の書き換えは行いません

session_webhook_error ログ

重要

session_webhook_error.jsonlsession_metadataevent_metadata については "REDACTED" の書き換えは行いません

書き換えをスキップする

重要

この書き換えを無効にすることは推奨していません。

センシティブなデータを利用している場合は、 "REDACTED" への書き換えをスキップする設定を提供しています。

sora.confskip_redact_sensitive_datatrue にすることでセンシティブなデータの "REDACTED" への書き換えをスキップします。

録画メタデータの扱いについて

StartRecording API やセッションウェブフックの戻り値で指定できる録画メタデータについてはセンシティブなデータとして扱っていません。 これは録画ファイル出力時の録画メタデータファイルに含まれ、映像合成時に利用する事を想定しているためです。

© Copyright 2024, Shiguredo Inc Created using Sphinx 7.2.6