サポートライフサイクル

概要

Sora 2023.1.0 より、サポートの提供期間を変更します。

変更内容

これまでは Sora の最新バージョンの利用に対してのみサポートを提供していましたが、Sora 2023.1.0 以降はサポートの提供期間をより長く変更します。 また、合わせて Sora のアップデートを以下のとおりに区別します。

メジャーアップデート

サポート提供期間:

メジャーアップデートがリリースされた日から 12 ヶ月後の月末最終日まで

  • 原則として毎年 6 月と 12 月に、機能の追加や改善、廃止を目的として行うアップデートをメジャーアップデートといいます

  • このアップデートでは、以前のバージョンと後方互換性のない新機能が含まれたり、以前のバージョンの機能が廃止されたりする場合があります

重要

  • 2024 年 6 月 26 日にリリースされた Sora 2024.1.0 は、2025 年 6 月 30 日までサポートを提供します

  • 2023 年 12 月 20 日にリリースされた Sora 2023.2.0 は、2024 年 12 月 31 日までサポートを提供します

バグフィックスアップデート

サポート提供期間:

修正の対象となるメジャーアップデートがリリースされた日から 12 ヶ月後の月末最終日まで

  • メジャーアップデートをリリースして以降、次のメジャーアップデートまでの約 6 ヶ月の間に、問題の修正を目的として不定期に行うアップデートをバグフィックスアップデートといいます

ホットフィックスアップデート

サポート提供期間:

修正の対象となるメジャーアップデートがリリースされた日から 12 ヶ月後の月末最終日まで

  • メジャーアップデート、バグフィックスアップデート以外に、ごく稀に緊急のアップデートが必要と判断する場合に行うアップデートをホットフィックスアップデートといいます

  • 最新バージョン以外にも、アップデートの必要があると判断する以前のバージョン、およびその両方に対してリリースを行う可能性があります

Sora のバージョン表記

YYYY.MAJOR.FIX

  • YYYY はリリースした年を示します

  • MAJOR はその年のメジャーアップデートのリリース回数を示します

    • Sora 2023.1.0 は、2023 年の 1 回目のメジャーアップデートであることを示します

  • FIX は バグフィックスアップデートおよびホットフィックスアップデートのリリース回数を示します

    • Sora 2023.2.1 は、Sora 2023.2.0 に対する 1 回目のバグフィックスアップデートもしくはホットフィックスアップデートであることを示します

    • FIX のリリース回数は社内のみのリリースも含むことがあるため、公開時のリリース回数は飛ぶ可能性があります

サポートライフサイクル例

https://i.gyazo.com/8162ff066ea4680fa70733b00b4e622b.png

対応 OS のサポートライフサイクル

Ubuntu 24.04 LTS

スタンダードサポートまで対応

2029 年 4 月 30 日にメンテナンスサポートが終了するため、 2028 年 6 月リリース予定の Sora までがサポート対象となります。

Ubuntu 22.04 LTS

スタンダードサポートまで対応

2027 年 4 月 30 日にスタンダードサポートが終了するため、 2026 年 6 月リリース予定の Sora までがサポート対象となります。

Ubuntu 20.04 LTS

スタンダードサポートまで対応

2025 年 4 月 30 日にスタンダードサポートが終了するため、 2024 年 6 月リリース予定の Sora までがサポート対象となります。

Red Hat Enterprise Linux 9

メンテナンスサポートまで対応

2032 年 5 月 31 日にメンテナンスサポートが終了するため、 2031 年 6 月リリース予定の Sora までがサポート対象となります.

Red Hat Enterprise Linux 8

メンテナンスサポートまで対応

2029 年 5 月 31 日にメンテナンスサポートが終了するため、 2028 年 6 月リリース予定の Sora までがサポート対象となります。

© Copyright 2024, Shiguredo Inc Created using Sphinx 7.4.5