Sora クライアント要求仕様

概要

Sora SDK や Sora クライアントの開発者に向けた資料です。

クライアント側の終了処理条件

RTCPeerConnectionState が failed になる

すべての接続において RTCPeerConnectionStatefailed になったタイミングで "type": "disconnect" は送らず、 クライアント側で終了処理をしてください。

WebSocket のみ

  • RTCPeerConnectionStatefailed になった

    • 終了処理に入る

  • WebSocket onclose が上がった

    • 終了処理に入る

  • WebSocket onerror が上がった

    • 終了処理に入る

WebSocket と DataChannel

  • RTCPeerConnectionStatefailed になった

    • 終了処理に入る

  • WebSocket onclose が上がった

    • "type": "switched" が送られてきていない

      • 終了処理に入る

    • "type": "switched", "ignore_disconnect_websocket": true が送られてきていた

      • 何もしない

    • "type": "switched", "ignore_disconnect_websocket": false が送られてきていて、 RTCPeerConnectionStatefailed になっている

      • 終了処理に入る

    • "type": "switched", "ignore_disconnect_websocket": false が送られてきていて、 RTCPeerConnectionStatefailed になっていない

      • DataChanel で "type": "disconnect", reason: "WEBSOCKET-ONCLOSE" を送ることを試みる

      • 終了処理に入る

  • WebSocket onerror が上がった

    • "type": "switched" が送られてきていない

      • 終了処理に入る

    • "type": "switched", "ignore_disconnect_websocket": true が送られてきていた

      • 何もしない

    • "type": "switched", "ignore_disconnect_websocket": false が送られてきていて、 RTCPeerConnectionStatefailed になっている

      • 終了処理に入る

    • "type": "switched", "ignore_disconnect_websocket": false が送られてきていて、 RTCPeerConnectionStatefailed になっていない

      • DataChanel で "type": "disconnect", reason: "WEBSOCKET-ONERROR" を送ることを試みる

      • 終了処理に入る

DataChannel のみ

DataChannel の終了

Sora SDK の切断タイムアウトのデフォルト値は 3000 ミリ秒です。

アプリケーション経由の "type": "disconnect" 送信後の終了処理

Sora SDK の切断タイムアウトのデフォルト値は 3000 ミリ秒です。

WebSocket のみ

data_channel_signaling: false の場合。

  • WebSocket 経由で "type": "disconnect", reason: "NO-ERROR" を送る

    • 終了処理に入る、または切断タイマーを開始し、WebSocket onclose が上がらずタイムアウトした場合は終了処理に入る

WebSocket と DataChannel

data_channel_signaling: trueignore_disconnect_websocket: false の場合。

  • "type": "switched" が送られて来ていない

    • WebSocket 経由で "type": "disconnect", reason: "NO-ERROR" を送る

    • 終了処理にはいる、または切断タイマーを開始し、WebSocket onclose が上がらずタイムアウトした場合は終了処理にはいる

  • "type": "switched", "ignore_disconnect_websocket": false が送られてきていて、 WebSocket は切断していない

    • DataChannel 経由で "type": "disconnect", reason: "NO-ERROR" を送る

    • RTCDataChannel onerror にコールバックをセットしている場合

      • 終了処理に入る、または切断タイマーを開始し、WebSocket の onclose かつ、すべての RTCDataChannelreadyState がすべて closed にならずタイムアウトした場合は終了処理にはいる

    • RTCDataChannel onerror にコールバックをセットしていない場合

      • 終了処理に入る

DataChannel のみ

data_channel_signaling: trueignore_disconnect_websocket: true の場合。

  • "type": "switched" が送られて来ていない

    • WebSocket 経由で "type": "disconnect", reason: "NO-ERROR" を送る

    • 切断タイマーを開始する

    • WebSocket onclose が上がらずタイムアウトした場合は終了処理に入る

  • "type": "switched", "ignore_disconnect_websocket": true が送られてきていて、 WebSocket も切断している

    • DataChannel 経由で "type": "disconnect", reason: "NO-ERROR" を送る

    • RTCDataChannel onerror にコールバックをセットしている場合

      • 終了処理に入る、または切断タイマーを開始し、すべての RTCDataChannelreadyState がすべて closed にならずタイムアウトした場合は終了処理にはいる

    • RTCDataChannel onerror にコールバックをセットしていない場合

      • 終了処理に入る

異常発生による終了

シグナリングの異常

終了処理に入ってください。

シグナリング以外の異常

"type": "disconnect", reason: "INTERNAL-ERROR" を送り、終了処理に入って下さい。

ライセンスエラーによる終了

"type": "connect" を送った際、ライセンスの期限が過ぎていたり、最大同時接続数を超えた場合、 Sora はエラーメッセージ EXCEED-MAX-CONNECTIONS を送信し、 WebSocket を切断し終了します。

RTCPeerConnectionState が定義されていない場合

注釈

ブラウザでは Firefox が RTCPeerConnectionState が定義されていません

RTCDtlsTransprot が実装されていない場合 RTCPeerConnectionState が正常に動作しないため、 RTCIceConnectionState を利用してください。

RTCIceConnectionStatedisconnect になった場合、切断タイマーを開始し、 タイムアウトした場合 disconnect から変化がなければ切断してください。

Sora SDK の RTCIceConnectionState 用の切断タイマーはデフォルトで 10 秒です。

クライアントの状態

認証失敗

接続を試みて、認証ウェブフックが接続を許可しなかった状態です。

Sora は認証失敗理由を WebSocket で送信後に、WebSocket を切断します。

認証成功

接続を試みて、認証ウェブフックが接続を許可した状態です。

この時点ではまだ WebRTC での接続に成功していません。そのため、同時接続数としてもカウントされません 認証は成功しているが、WebRTC での接続に失敗するということがありえるためです。

セッション参加

認証が許可されると、そのチャネル ID のセッションが存在していれば セッションへの参加 が行われます。 もしセッションが存在していなければ セッションの生成 が行われます。

この時点ではまだ WebRTC での接続に成功していません。そのため、同時接続数としてもカウントされません 認証は成功しているが、WebRTC での接続に失敗するということがありえるためです。

認証が成功したタイミングで、 Sora はクライアントをセッションに参加させます。 この後、クライアントは Sora からの "type": "offer" を受け取り、WebRTC の確立を試みます。

セッション離脱

セッションからの離脱は、コネクションが破棄された後に発生します。

セッションが API で破棄されたり、セッションのライフタイムが終了した場合、 そのセッションに参加しているクライアントのコネクションを破棄し、セッションから離脱します。

コネクション生成

認証が成功し、セッションへ参加後、WebRTC のコネクションが確立された状態です。

つまり connection.created ウェブフックが送信されたタイミングになります。

このタイミングで Sora は初めて同時接続数に +1 をします。

コネクション破棄

何かしらの理由で、WebRTC のコネクションが破棄された状態です。

このタイミングで Sora は同時接続数から -1 をします。

© Copyright 2024, Shiguredo Inc Created using Sphinx 7.4.5